坪井香譲の文武随想録

時に武術や身体の実践技法に触れ、時に文学や瞑想の思想に触れる。身体の運動や形や力と、詩の微妙な呼吸を対応させる。言葉と想像力と宇宙と体の絶妙な呼応を文と武で追求。本名、繁幸。<たま・スペース>マスター

2012-12-11から1日間の記事一覧

「合気は常識よ」― 植芝翁の一言から ・・・〈やわら〉を入れる―特別篇

しばらく連載を休んでしまいました。 実は、九月末から十月半頃まで、ドイツ、フランスに講習に行ったことと、その前後、ある出版社から二百数十枚のハードカバーの本の出版を持ちかけられ、引き受けてそれに取りかかったことで、余裕がなくなったことをお断…